「Contact Form 7」と「MW WP Form」を比較してみた(WordPressフォームプラグイン)

WordPress
まるこ
まるこ

WordPressを導入したサイトに、お問い合わせフォームを設置する際におすすめのプラグイン「Contact Form 7」と「MW WP Form」を、以前ご紹介しました。しかし「自分のサイトには、結局どちらを使えばいいのだろう?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、「Contact Form 7」と「MW WP Form」2つのプラグインの特徴について、簡単に比較しながらご紹介します。

※各プラグインの導入方法は、以下の記事をご覧ください。

「Contact Form 7」と「MW WP Form」の主な機能の比較

Contact Form 7MW WP Formの主要機能は、次の通りです。

比較機能Contact Form 7MW WP Form
確認画面の設定×
自動メール送信機能
データベース保存×
※別途プラグイン対応可
スパムメール対策
(Google reCAPTCHAの設置)
編集画面内での
エラーメッセージ設定
×
※functions.phpで設定可

確認画面の設定

Contact Form 7とMW WP Formを比較する上で、最も大きな違いとなるのは確認画面設定の有無です。(確認画面とは、ユーザーが入力した情報を送信前に表示し、内容に不備がないかを確認する画面のことです。)

MW WP Formには確認画面設定の機能があり、Contact Form 7にはありません。

日本では確認画面を設置しているサイトが多く見慣れていますが、海外のサイトは設置していない場合が多いようです。また、確認画面があると、問い合わせの離脱率が高まると言われることもあります。

実際に検証は行っていないので筆者の個人的な感想ではありますが、問い合わせをするユーザーにとっては、確認画面があることで、内容の確認・修正等ができるメリットがあります。

一方、操作量が増えてしまうため、修正などが必要な場合には「もう一度入れ直すのか…」「送信するまでに行う作業が多いな…」という心理的な負担から、「面倒だから今はいいか」と、問い合わせ自体をやめてしまう気持ちも理解できます。

このように、確認画面の設定にはメリットとデメリットがあります。設置の有無については、サイトの特性などを考慮しながら、検討してください。

※MW WP Formでは、「入力画面」「確認画面」「完了画面」に、それぞれ個別のURLを設定することも可能です。

MW WP FormのURL設定画面
MW WP FormのURL設定

自動メール送信機能

Contact Form 7とMW WP Formのどちらにも、お問い合わせフォームから送信があった際に、サイト管理者とユーザーに対して自動でメールを送信する機能があります。

Contact Form 7の設定

フォーム編集画面の[メール]タブを選択し、下記テンプレート内に設定します。
・サイト管理者宛:メール
・ユーザー宛:メール(2)

Contact Form 7の自動メール送信設定画面
Contact Form 7の自動メール送信設定

MW WP Formの設定

フォーム編集画面にある、下記テンプレート内に設定します。
・サイト管理者宛:管理者宛メール設定
・ユーザー宛:自動返信メール設定

MW WP Formの自動メール送信設定

送信メールの内容について

サイト管理者宛のメール本文には、どのようなお問い合わせがあったか、返答期限はいつなのかなどが、簡潔にわかるようにしておくと良いでしょう。
また、ユーザー宛に送るメールの本文には、お問い合わせフォームで入力した内容以外にも、返答期限などを記載しておくと親切です。

※下記メールサンプルは、ご自由にアレンジしてお使いください。[ ]内は、各フォームで設定したタグを名を指定してください。

ユーザー宛メールサンプル

※本メールは、お問い合わせフォームからお問い合わせいただいた方へ、システムより自動で返信しております。

[user-name] 様

この度は、弊社○○株式会社へお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。
以下の内容にて、お問い合わせを承りました。
お問い合わせ内容を確認の上、3営業日以内に担当の者よりご連絡致します。

━━━お問い合わせ内容━━━
お名前:[user-name]
メールアドレス:[user-email]
お問い合わせ内容:[message]
━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは送信専用のため、返信はできません。

〇〇株式会社
E-mail:example@formtest.com
Tel:00-1111-****

サイト管理者宛メールサンプル

※サイトフォームより、お問い合わせがあります。

以下の内容でお問い合わせを受け付けました。
内容を確認の上、3営業日以内にお客様へご連絡をお願いします。

━━━お問い合わせ内容━━━
お名前:[user-name]
メールアドレス:[user-email]
お問い合わせ内容:[message]
━━━━━━━━━━━━━━

お問い合わせ内容のデータベース保存

MW WP Formには、標準でフォームから送信されたメールをデータベースに保存できる機能があります。機能を有効化するには、編集画面の[設定]内にある[問い合わせデータをデータベースに保存]にチェックをつけます。

データベースに保存されるのは、管理者宛メールの本文に設定した項目のみで、データベースに保存された内容は、CSV出力が可能です。

MW WP Formデータベース保存設定

Contact Form 7には、標準でMW WP Formのようなデータベース機能はありません。Contact Form 7のメッセージを保存したい場合は、「Flamingo(フラミンゴ)」というプラグインを使用します。※Flamingo(フラミンゴ)はContact Form 7と同一の開発者が作成したプラグインです。

こちらもデータベースに保存された内容は、CSV出力が可能です。

Flamingoプラグインページ画像
Flamingo

スパムメール対策(Google reCAPTCHAの設置)

お問い合わせフォームを設置する際は、スパムメール対策も重要です。スパムメールは、「スパムbot(ボット)」を用いてフォームに自動入力を行い、受信者の意向に関係なく、一方的に大量のメールを送ります。1日に届くスパムメールが少ないうちは、あまり気にならないかもしれませんが、これが数十通、数百通となると、チェック作業だけでも膨大な時間がかかります。

またスパムメールには、広告・宣伝目的、出会い系サイト等への誘導や、ウイルス配布(ウイルス感染による個人情報や機密情報の漏洩)など、様々な種類があり、システムに及ぼす危険性は多岐に渡ります。そのため、スパムメール対策は必須といえます。

スパムメール対策には、次のような方法があります。

  • ドメインやIPアドレスに対してアクセス制限をかける
  • 必須項目、確認画面の設置
  • Google reCAPTCHAの設置

どの方法も有効ですが、Google社が提供している「reCAPTCHA」は簡単に設置できますので、導入することをお勧めします。「reCAPTCHA」は、Contact Form 7とMW WP Formのどちらにも設置可能です。

reCAPTCHA

皆さんもフォームに入力した情報を送信する際に「私はロボットではありません」や、複数の画像から指定された項目に該当する画像(信号機、車など)にチェックを入れた経験が、一度はあるのではないでしょうか。これは「reCAPTCHA」を使った、人間とロボットを区別するためのシステムです。

reCAPTCHAはスパムからサイトを守る有効な手段ですが、ユーザーにとっては操作が増えるため、以前までは煩わしさがありました。しかし、最新バージョン(v3)では、システムが自動で人間かロボットかを判定しているため、ユーザー側での操作が一切不要になり、スムーズにフォーム送信ができるようになっています。

スパムメールを完全に無くすのは難しいことですが、お問い合わせフォームの使い勝手が損なわれない範囲で、可能な限り対策を施しましょう。

エラーメッセージ設定

Contact Form 7とMW WP Formは、ユーザーが入力した内容に誤りがあった場合、エラーメッセージを表示します。

Contact Form 7では、デフォルトで様々な場面を想定した文言が登録されています。また、編集画面の[メッセージ]タブ内で、表示させるメッセージの文言を編集することも可能です。

Contact Form 7のエラーメッセージ設定項目例

  • 送信エラー
  • 必須項目の未入力
  • 入力形式エラー(数値入力項目に文字入力があるなど)
Contact Form 7のメッセージ設定画面
Contact Form 7のメッセージ設定

MW WP Formは、必須項目に入力漏れがあった際、「未入力です。」というメッセージが表示されます。しかし、編集画面内でメッセージの文言変更はできません。メッセージの文言を変更したい場合は、WordPressテーマのfunctions.phpにコードを追記する必要があります。(※追記するコードは割愛します。)

プラグインのサポート(更新)状況

WordPressは、バグの修正・機能追加・セキュリティ強化を目的としたバージョンアップが、定期的に行われています。また、導入したプラグインがWordPressのバージョンに対応していないと、不具合を起こしたり、動かなくなる可能性もあります。そのため、WordPressを最新版にアップデートする際は、プラグインがWordPressのバージョンに対応しているかを確認する必要があります。

プラグインのサポート状況は、各プラグインの[詳細を表示]または[詳細情報]で確認できます。
※Contact Form 7とMW WP Formのサポート状況は、次の通りです。

サポート状況Contact Form 7MW WP Form
プラグイン最終更新日2022年5月中旬1年前
対応する最新バージョン6.05.5.9
WordPressの必須バージョン5.7以上4.0以上
※2022年6月時点※

このように、Contact Form 7はWordPressのバージョンアップにあわせて、都度更新が行われていますが、MW WP Formの最終更新は1年前です。

MW WP Formの開発者がブログで明記しているように、プラグイン開発は事実上終了しています。(開発者は「Snow Monkey Forms」プラグイン開発に、シフトされています。)

MW WP Form への稼働は抑えて(現時点でほぼゼロだけど)、今後は Snow Monkey Forms にシフトしていきたいと思います。

出典元:Gutenberg ブロックエディター用のお問い合せフォームプラグイン Snow Monkey Forms をリリースしました!

そのため、WordPressの更なるバージョンアップにより、使用できなくなる可能性はあると言えそうです。この点も考慮し、どのプラグインやシステムでフォームを設置するか、検討してください。

まとめ

今回はContact Form 7とMW WP Formについて、簡単に比較してみました。
どちらも多くのサイトで使用されているプラグインですので、安心して使用できます。しかしMW WP Formは、プラグインのサポート状況を考えると、今後の使用については慎重になった方が良いかもしれません。いずれにしても制作するWebサイトの目的に合った、フォームの設置方法を検討しましょう。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
まるこ

まるこ
コーダー

まるこ
コーダー

想いの詰まったWebデザインを“カタチ”にするコーダーとして、Webサイト制作の一端を担っています。「誰が見てもわかるコード」を念頭に置き、品質・保守性を重視して制作しています。趣味はサッカー観戦。好きな色はトリコロール!

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。