Twitter・Facebook・Youtubeなど【SNSヘッダー・カバー・プロフィール・アイコン・OGP画像】よく使う最適サイズまとめ

Webデザイン
ユキックス
ユキックス

こんにちは!ユキックス(@MILKIT_DESIGN)です!

お仕事でSNS(Twitterfacebook・Instagram・Youtube)などの運用をしている方も、Webサイトを既にお持ちの企業さまも、コンテンツ・サービスの内容の周知や拡散に視覚でひと目見て伝わる・伝えるためのアイコン・プロフィール・ヘッダー・アイコン・OGP・アイキャッチやバナー、サムネイルなどの画像は、必要不可欠ですよね。

ユキックス

その画像は、表示に適切なサイズで作成されていますか?

内容が伝わってくる、見たい!押したい!と思える、訴求力の高い目を惹く画像は見て欲しいコンテンツへの誘導に大きく貢献し、効果を発揮します。しかし、せっかくクオリティの高い画像でも適切なサイズで表示されなければ、クリエイティブの効果が十分に発揮できないという結果に‥。

ユキックス

SNSなどの画像サイズや規格って、突然アップデートされたりして変わったりすることもあるのですよね‥!

今回は現時点(2021年10月)でビジネスシーンで代表的な各種SNS(Twitterfacebook・Instagram・Youtube)の適切な画像サイズをわかりやすくまとめてご紹介します!

ユキックス

画像をご自身で用意したり作成する際や、クリエイティブの制作を依頼する時などにお役立ていただけたら幸いです!

Facebook

Facebookヘッダー画像の推奨サイズ

パソコンの表示は820ピクセル(横) × 312ピクセル(縦)

スマートフォンの表示は640ピクセル(横) × 360ピクセル(縦)

ユキックス

ヘッダー内の大切な文字、ロゴなど切れないようにしたい画像や要素は640ピクセル(横) × 312ピクセル(縦)の範囲内に入っていると安心ですね!

白っぽく薄い部分が切れてしまって表示されないので、見せたい要素を中心に配置すると収まりが良いです。

Facebookプロフィール・アイコン画像の推奨サイズ

パソコンの表示サイズは縦横170ピクセル × 170 ピクセル、スマートフォンの表示サイズは縦横128ピクセル × 128ピクセル

実際は四隅(白っぽく薄い部分)が丸くカットされて表示されないので、見せたい要素を中心のカラー範囲に画像を配置すると収まりが良いです。

ユキックス

ロゴやテキストを含むプロフィール写真やカバー写真には、PNGファイルを使用すると、よりきれいに表示されるのでお奨めです!(▼詳細はこちらの記事をご確認ください)

Twitter

Twitterヘッダー画像の推奨サイズは1500ピクセル × 500ピクセル

Twitterプロフィール上部にある横長の画像がヘッダーです。パソコンやスマートフォンなど使用端末、機種の違いによって表示範囲が若干異なるので、上下は約30ピクセルずつ隠れて画像が切れてしまったり、左側にアイコンに隠れて見えない部分があるので注意が必要です。

ユキックス

絶対に見せたい要素は縦中央の着色部分の中心に近い範囲に収めると良いですね!

プロフィール・アイコン画像の推奨サイズは400ピクセル × 400ピクセル

画像サイズは400ピクセル×400ピクセルですが、実際は四隅(白っぽく薄い部分)が丸くカットされて表示されないので、見せたい要素を中心のカラー範囲に画像を配置すると収まりが良いです。

OGP(オージーピー)画像の推奨サイズは1200ピクセル × 630ピクセル(比率 1.91:1)

OGPとは?

  • OGPの正式名称はOpen Graph Protocol(オープン・グラフ・プロトコル)
  • SNS上でURLが共有されると設定しておいたタイトルや画像、説明文などが表示される仕組み
  • Webページやブログ投稿などがSNS(Twitter、Facebook、LINE)でシェアされたときに表示される画像
  • ユーザーに対してWEBページの内容、詳細などを正しく伝えるタイトルやイメージ画像の要素
  • 主要SNSの様々な表示形態やサイズに一枚で対応できる画像
  • LINEでのシェアなど指定された内容によっては正方形に1:1でトリミングされて表示される場合もあるので、630ピクセル×630ピクセルの中に文字などの主要な情報が収まっていると見え方も良く、情報が伝わりやすくなる

OGP画像はシュミレーターを使用すると様々なサイズや見え方が一括して検証できて便利です!

OGP画像シミュレータ

http://ogimage.tsmallfield.com/

ユキックス

ツールで検証してみると画像が実際に表示される見え方がわかるので、読みやすい・読みにくいなど文字の色やサイズなど視認性が適切か判断しやすいです!


Youtube

Youtubeヘッダー画像(チャンネルアート)の推奨サイズは2560ピクセル × 1440ピクセル

ヘッダー画像=カバー画像のサイズは縦横比16:9 で 2048 × 1152以上、6MB以下推奨

ユキックス

パソコンやスマートフォンなど使用端末、機種の違いによって表示範囲が若干異なるので、1546×423ピクセルの範囲に文字やロゴなどの重要な要素が入っていると見切れることなく表示できますね!

YouTubeプロフィールのアイコン・ロゴ画像の推奨サイズは800ピクセル × 800ピクセル

実際は四隅(白っぽく薄い部分)が丸くカットされて表示されないので、見せたい要素を中心のカラー範囲に画像を配置すると収まりが良いです。

Instagram

Instagramプロフィール・アイコン画像の推奨サイズは特に指定なし

表示サイズは縦横約155 ×155ピクセルほどですが、約300~400ピクセルほどの画像サイズであれば問題ないようです。こちらも四隅(白っぽく薄い部分)が丸くカットされて表示されないので、見せたい要素を中心のカラー範囲に画像を配置すると収まりが良いです!

Instagramの正方形の投稿画像推奨サイズは1080ピクセル × 1080ピクセル

まとめ

この他各種SNSヘッダー・プロフィールアイコン・サムネイルなど規定のある画像サイズはたくさん存在しますが、今回はビジネスシーンの発信でよく使われているSNS(Twitterfacebook・Youtube・Instagram)とOGP画像に絞ってまとめました。

ユキックス

アカウントを開設してSNSをはじめて画像をご自身で用意する際や、クリエイティブの制作を依頼する上でサイズの確認や指示などの一助になれば、うれしいです。

執筆者はユキックスでした!

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
ユキックス

ユキックス
デザイナー / アートディレクター / Web制作クリエイター

ユキックス
デザイナー / アートディレクター / Web制作クリエイター

Web制作を主軸にデザイナー・アートディレクターとして柔軟に国内の企業、商業デザインのクリエイティブ制作、ディレクションに携わり、受託制作や業務委託を中心に個人、制作パートナー、クリエイティブチームで協業し、幅広くクリエイティブデザインを制作しています。

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。