ネットで拾った画像の著作権、画像の正しい使用方法

Webデザイン
とも
とも
とも

こんにちは!デザイナーのともです。

皆さんは「ネットで拾った画像」というフレーズを使ったり、聞いたりしたことはありますか?いわゆる「拾い画」です。

昨今、ブログやオウンドメディアの増加が見受けられます。自身の想いを綴ったり、ビジネスに繋げるツールとして発信しています。

そして多くの人に見てもらいやすいよう、アイキャッチとして画像入れます。

そのアイキャッチに「拾い画」を使っていませんか?

実はその「拾い画」を使うことで著作権の侵害、または規約違反をしているかもしれません。

インターネットに画像は落ちていない

結論からいいます。

インターネット上には画像は「落ちていません」。誰かが意図をもって「アップロード」した画像です。

自由に観覧でき、ダウンロードできる環境にあるから無料で使えるという認識は危険です。

画像の無断使用は著作権の侵害につながる

イラストの画像、写真、CG画像、様々な種類の画像がありますが画像には「作者」が存在します。よって、著作権も発生します。

SNSなどでアップされる、日常を切り取った写真にも著作権は発生します。写っている対象が人であればその人の肖像権も含まれた画像になります。

著作権について知りたい方は下記の記事がおすすめです。

グーグル画像検索でも注意されている

画像検索をした時に下記のような表示を見たことはありませんか?

この記載は「著作権」や「画像の販売の権利」が含まれている画像ですよという、注意書きです。必ず画像の掲載先を確認しましょう。

注意書きがなかったとしても、画像検索で出てきた画像は誰かがアップロードした画像です。著作権は含まれる画像なので画像検索のページ上でダウンロードし、ブログや動画への「転載」はやめましょう。

例として画像検索から画像をダウンロードする場合のルートをお伝えします。できるだけ素材サイトを利用することをおすすめします。素材サイトではない場合(個人が撮影した写真など)は掲載許可をもらう必要があります。内容によってはライセンス料を支払う場合もあります。

著作権を侵害せずに使用が許容される範囲

著作権は著作者が占有する権利です。

著作者以外が著作物を利用する場合は必ず、著作者の承諾が必要になります。

しかし、全てにおいて承諾が必要になると著作者の負担が増え、著作物の利用が制限され文化の発展につながらないという恐れがでてきます。

そこで著作権法では「著作者権利規定」を定めました。

著作権制限規定とは、著作者の承諾を得なくても自由に著作物を利用(複製)できる範囲を定めるものです。

この規定は法改正があるたびに項目が増えています。本記事では3つの許容範囲をご紹介します。

私的使用のための制限

家庭内で仕事以外の目的のために使用するために,著作物を複製することができる。

引用元:著作権法 第30条

個人のブログ(ネット配信)、会社の資料など不特定多数が閲覧する可能性がある場所で使用することは私的利用と言えず、自由な利用(複製)は認められません。

私的使用の例

  • 素材サイト(個人利用可)でみつけた写真を印刷して部屋に飾る
  • 好きなイラストレーターの作品画像をスマートフォンに保存し、観賞する

教育機関における複製等

教育を担任する者やその授業を受ける者(学習者)は,授業の過程で使用するために著作物を複製することができる。

引用元:著作権法 第35条

教育機関における複製条件が極めて専門的で状況によって判断が様々です。慎重な判断が求められます。ここでの事例の記載は控えさせていただきます。

引用

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。

引用元:著作権法 第32条

引用については以下の注意が必要です。

引用における注意事項

  1. 他人の著作物を引用する必然性があること。
  2. かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  3. 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)
  4. 出所の明示がなされていること。(第48条)

上記項目:文化庁ホームページ、「著作物が自由に使える場合」の引用における注意事項より引用

上記の注意事項に沿っておらず、「引用」と判断されない場合は「転載」になります。転載については著作者の許可が必要になります。

以上がピックアップした著作権を侵害せずに自由に利用できる許容範囲です。この「著作権制限規定」は現在では30項を超えており、常に増えています。

もっと詳しく知りたいかたは、文化庁のホームページをご覧ください。

ネットの普及やSNS、動画配信など、著作物の露出が多くなってきた時代に合わせたり、事例、判例を受けて改定がされています。著作権の侵害をしないように配慮され、常に見直しがなされています。

素材サイトについて

上記で示したように著作物を自由に利用できる範囲はかなり、限定的です。会社で使用したり、ブログ内で使用することは著作者の許可が必要になります。

それでは著作権を侵害せずに、ブログ記事のキャッチーな画像はどうやって手に入るのでしょうか。

それは、素材サイトを利用することです。自分で作る方法もありますが、時間と技術が必要になります。

素材サイトとは

様々な画像や写真、イラストなどを【無料・有料】で配布しているサイトのことです。

素材サイトの例

  • フォトAC(利用規約の範囲内で完全無料)
  • Adobe Stock(有料)
  • iStock(有料)

利用規約を読もう

素材サイトの配布条件は様々です。個人的な利用はOKですが、商用利用は有料など細く範囲が規定されています。

必ず利用規約を読みましょう。

もし利用規約を破った場合、訴訟などにつながってしまうケースもあります。

手軽にクォリティの高い素材が手に入るからこそ、素材を提供する側の利用条件をしっかり確認し、その範囲内で使用しましょう。

カンプ画像とは

素材サイトによっては「カンプ画像をダウンロード」という表記があります。

この「カンプ」とは画像の購入を検討するためのサンプルのことです。サンプル画像なので、実際にブログや動画、紙媒体に利用する際は「購入」が必要になります。

カンプ画像のまま利用していると、規約違反になってしまいます。注意しましょう。

まとめ

インターネット上には星の数ほどある画像ですが、そのほとんどは、誰かが意図をもってアップロードした画像です。画像も立派な「作品」です。画像の権利元を理解して使用することで個人のブログや会社の信用に繋がります。

とも

いつか「拾い画」という言葉がなくなると嬉しいです。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
とも

とも
グラフィックデザイナー/イラストレーター/Webデザイナー/動画クリエイター

とも
グラフィックデザイナー/イラストレーター/Webデザイナー/動画クリエイター

ともに寄り添い、挑み続ける。をミッションとし、デザイナー・イラストレーターとして活動しています。 お客様と一緒にクリエイティブを作り上げることを大切にしています。動物が大好きです。好きな言葉は「温故知新」!

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。