著作権を学ぶためのおすすめの本

イラスト
とも
とも
とも

こんにちは!デザイナーのともです。

最近、「おすすめの著作権の本を教えてください」と聞かれるようになりました!せっかくなので、著作権をどのように学んだのか、おすすめの本と合わせてご紹介しようと思います!

著作権について学ぶ方法

著作権について学ぶ方法を3つご紹介します。

1-文化庁のホームページの記事から学ぶ

著作権を取り扱っている国の機関が文化庁になります。

文化庁のホームページには著作権についての情報がたくさん掲載されています。

自分の知りたい内容に応じて活用することができますし、国の法律に基づいた内容になっていますので情報の信用度は確かなものです。

文化庁ホームページはこちら

2-本から学ぶ

著作権の本から学ぶ。

Webからの情報収集も良いですが、本を1冊でいいので読むのをおすすめします。

本を活用するメリット

  • 1冊に情報が集約されている
  • 出版元、作者が何者かが明らかである
  • わかりやすく説明しているものが多い

Webのみだと、必要な情報をいちいち検索する必要があり、また、情報の正確さの検討が必要になります。

3-知的財産管理技能検定を受ける

私のおすすめは「知的財産技能管理検定」を受けることです。本から学びながら国家資格を獲得する方法です。

「知的財産管理技能検定」は知財マネジメントスキルを測る国家試験です。知的財産管理技能検定は、技能検定 (働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度)の中の「知的財産管理」という職種に関する国家試験です。知的財産(知財)を管理(マネジメント)する技能(スキル)の習得レベルを測定・評価するものです。

出典元:知的財産管理技能検定 ホームページより引用

知的財産(著作権・意匠権など)をマネジメントし、ビジネスに活用するための基礎的な知識を測る検定です。国家資格なので確かな知識の習得が得られますし、著作権だけではなく、意匠権、商標権などビジネスにおける知的財産に対する知見も得ることができます。

検定を受けることで、試験日までの期間を決めて集中的に勉強することができます。合格したら「資格書」が受け取れ、履歴書に記載ができます。知りたいことが学べ、かつ資格もとれるというお得な勉強方法です。

おすすめの本

おすすめの本をご紹介したいとおもいます。その前に本の選び方について少しだけお話しさせてください。

本の選び方

結論からお伝えします。

ズバリ、「一番重要なのは、自分の性格にあった最高の1冊を見つけることです。

とも

私は文字がたくさん密集しているのが苦手です。本も例外ではなく、読む気が起きなかったり、読む前に読むぞ!!!と鼓舞しないとなかなか読むことができません。

なので、本屋さんにいって必ず中身をみて確認してから買うようにしています。文字の大きさ、図解の多さを重点的にみます。

同じジャンルの本でも沢山の出版社から出ています。しかし、何冊も買う必要はありません。自分自身が読めそう!とおもう最高の1冊を見つけてくだださい。

今回紹介するのは、本が苦手な私が最高の1冊とおもった本です。

自分のなかで同じ著作権を扱う本でも基礎知識用クリエイター特化用というカテゴリを決めて買いました。

知的財産管理技能検定2級と3級を一気に学ぶ本

【基礎知識用】として活用しています。

この本は私が知的財産管理技能検定を受けるときに購入した本です。

検定の本なので必要な基礎知識はこの1冊で学ぶことができます。問題を解きながら理解度チェックができるので自分の理解度を見極めることができます。

これは、結果論ではあるのですが、何回も読み込んだテキストなので何ページにどの内容が記載してあるか大体わかるようになりました。検定を受け終わった今も、辞書がわりに活用しています。

基礎知識の定着がしたい人におすすめの本です。

この本の好きなところ

  • 目次がみやすい
  • 図解が多い
  • 赤シートが活用できる
  • 要所に問題があり、理解度チェックができる
  • 細かく単元にわかれているので勉強のスケジュールが立てやすい
  • A5判なのでカバンに入れやすく、どこでも勉強できる

クリエイターのための権利の本

【クリエイター特化用】として活用しています。

デザイナーやイラストレーターの方におすすめの本ですが、クリエイティブなデザインや意匠を扱う企業の方にもぜひおすすめしたいです。

著作物を作成する前の注意事項やクライアントのやりとりで注意すべきことがクリエイター目線から執筆されています。

また、トラブルになった場合の対処方も記載してありこの1冊でクリエイティブ周りの著作権についての知識は網羅されています。

この本の好きなところ

  • 制作前、制作中、制作後の各所で注意すべきことがわかる
  • トラブル後の対処法がわかる
  • トラブルの実例が記載してある
  • 見積書、業務委託契約書のサンプルがダウンロードできる
とも

一言で伝えると、クリエイターはこの1冊は教科書として持っておいた方が良い!!!と声を大にして言いたいです!!

著作権は自分の作品を守るものでもありますが、作っていく過程で意図せず侵害してしまう可能性もあるのです。そうならないよう、著作権の知識をもつことで、トラブル回避に繋げることができます。

まとめ

著作権について学ぶ方法についてご紹介しました。クリエイターも著作物を扱う企業側も、知らなかったでは済まされない、世の中になりつつあります。著作権を知っておくことで、会社・自分の作品を財産として守ることができます。この機会にぜひ、知見を深めてみてはいかがでしょうか。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
とも

とも
グラフィックデザイナー/イラストレーター/Webデザイナー/動画クリエイター

とも
グラフィックデザイナー/イラストレーター/Webデザイナー/動画クリエイター

ともに寄り添い、挑み続ける。をミッションとし、デザイナー・イラストレーターとして活動しています。 お客様と一緒にクリエイティブを作り上げることを大切にしています。動物が大好きです。好きな言葉は「温故知新」!

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。