【IE サポート終了の最終確認】さよなら、IE

ディレクション
さいとぅ
さいとぅ

Windows を使ったことがある人は、Microsoftの Webブラウザ「Internet Explorer(IE)」をおのずと使ったことがあるのではないでしょうか。

そんな IE ですが、この度ついにサポートが終了します。そこで今回は、IE 終了にともなう対応の最終確認と移行、IE を使ってはいけない理由についてもまとめました。

Internet Explorer(IE)のサポート終了は 6月16日

長らく利用されてきた IE ですが、徐々にサポートが縮小されており、ついに 2022年6月15日にサポートが終了します。サポート終了の対象は、以下の通りです。

【サポート終了対象】

・半期チャネル (SAC) で配信される Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーション:

「Windows 10 クライアント SKU (Version 20H2 以降)」

「Windows 10 IoT (Version 20H2 以降)」

【サポート終了対象外】

・Microsoft Edge の Internet Explorer モード

・WebOC を含む Internet Explorer プラットフォーム (MSHTML/Trident)

・以下で動作する Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーション:

「Windows 8」

「Windows 7」

「Windows Server SAC(全バージョン)」

「Windows 10 IoT LTSC(全バージョン)」

「Windows Server LTSC(全バージョン)」

「Windows 10 クライアント LTSC(全バージョン)」

出典元:Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ のアップデート

サポート終了後は、 IE から Microsoft Edge に段階的に移行されます。具体的には、IE を起動すると Microsoft Edge に自動的にリダイレクトするようになります。(数か月のうちに順次実施されていきます。)また、その後の Windows の更新プログラムによって IE は無効化され、完全に使用できなくなります。

リダイレクトと Windows の更新プログラム配布は順次ですが、6月16日からいつでも適用される可能性があります。

Microsoft Edge の「IEモード」

Edge には、いままで Internet Explorer で閲覧していたサイトを表示させるための「 Internet Explorer(IE)モード 」が備わっています。これにより、IE でのみ閲覧可能なサイトやコンテンツが引き続き利用できます。

※ ただし、IE モードの提供の保証は、2029年までの予定です。また、使用している Windows 自体(バージョン)のサポートが 2029年以前に終了する場合、その Windows での IE モードのサポートも同時に終了します。IE モードを継続して使用したい場合は、サポート対象のバージョンの Windows に移行する必要があります。

IE モードの有効化は、Edge ブラウザの「設定」の「規定のブラウザー」から許可します。

※ Windows および Edge を最新バージョンへアップデートしていないと、設定内に該当項目が表示されないが場合あるのでご注意ください。

IE から Microsoft Edge への移行対応

もうほとんど移行済みかと思われますが、まだ IE を使用している場合、その環境によって移行の対応が異なります。

家庭での使用

こちら から Edge をインストールします。Edge に移行しないまま IE サポート終了後に IE を起動すると、順次自動的に Edge にリダイレクトされます。その流れに従い、Edge をインストールします。IE コンテンツは IE モードで閲覧します。

職場での使用

社内のポータルサイトや業務での Webサイトの閲覧など、職場のほうが家庭よりも IEコンテンツを使用する場面が多いと予想されます。サポート終了後はそれらが IEで閲覧できなくなるため、移行が必要です。

基本的には家庭での対応同様に こちら から Edge をインストールします。しかし、職場の環境や社内の方針で一部 IEモードが使用できないように設定されてないか確認が必要です。

また、 IEモードは、IEコンテンツを引き続き使用する場合の対応として有効ですが、将来的な提供の終了がすでに発表されているため、ブラウザに左右されない標準仕様への早めの改修が推奨されます。

IE のお気に入り・パスワードなどをそのまま移行

普段から使用するツールをいきなり変えるのは手順的にも気持ち的にもおっくうになりやすいですが、IE から Edge への切り替えではいままでの情報を引き継げるようになっています。

引き継げる内容は下記の通りです。

  • お気に入り(ブックマーク)
  • 保存したパスワード
  • 検索エンジン
  • 閲覧履歴
  • Cookie
  • ホームに設定したページ
  • 設定
  • 開いているタブ

これらは Edge の上隅にある「…(設定など)」>「お気に入り」>「…(その他のオプション)」>「お気に入りをインポート」から一括で移行できます。(インポート対象は個別にも選べます。)

名前

また、この機会に Edge から他のブラウザに切り替えをお考えの場合は、こちらの主要ブラウザ比較をご覧いただき、検討してみてください!

IE を使用してはいけない理由

サポート終了後は IE が起動できなくなり、代わりに Edge が起動しますが、順次配布される更新プログラムを適用しなければ利用できる可能性がゼロではありません。

しかし、IE を使用してはいけない理由が数多くあります。

IE を使用してはいけない理由

  • セキュリティの脆弱性
  • サイバー攻撃による被害の責任
  • Webサイトの対応終了

セキュリティの脆弱性

IE では、脆弱性が発見された時点でその対応策となる更新プログラムが用意されていない状況におちいる可能性が高く、サイバー攻撃に悪用された場合、被害までつながる可能性も相対的に高くなってしまいます。(過去には実際に攻撃を受けて情報漏洩したケースや脆弱性の発見から更新プログラムの提供までに3週間以上を費やしたケースもあります。)

さらに、サポート終了後は更新プログラムがなくなるため、危険に晒され続けてしまいます。

サイバー攻撃による被害の責任

IE によるコンテンツの提供が続いてしまいサイバー攻撃に悪用されると、不正アクセスによる情報漏洩やデータ改ざんが発生し、大きな損害と信用の損失を招いてしまいます。もちろん、最大の加害者はサイバー攻撃を行なった者ですが、攻撃を受けた原因のコンテンツを提供・利用している被害者にも責任が生じてしまいます。

インターネットトラブルや社会的被害を生まないためにも、( IE に限らず)サポートが終了したサービスの継続利用は今すぐやめましょう。

Webサイトの対応終了

現在はもう IE で開けないサイトも多く、今後もサポート終了にともない**閲覧できないサイトが増えます。**また、最新の技術に対応できないと処理速度にも影響し、Webサイトを開くだけで一苦労かかってしまいます。

インターネットをストレスなくスムーズに活用するためにも、ブラウザはつねに最新の状態にたもっておく必要があります。

Web 制作での変化

IE のサポート終了はWebサイト制作においても変化をもたらします。

IE はWebサイトの表示方法(レンダリング)が独自の仕様だったため、ほかのブラウザでは問題なくとも IE でのみ崩れた表示になる現象がありました。しかし、代替の Edge では統一規格の仕様も備えており、いままで個別に対応していた作業が減るため、制作の手間が軽減されます。

また、最新の表示方法や技術にも対応しやすくなり、Webサイトの表現の制限が緩和されるため、表現の幅も広がっていきます。

まとめ

今回は、IE のサポート終了にともなう対応の最終確認と移行、IE を使ってはいけない理由についてまとめました。安全安心に Webを活用していくためにも、ツールは最新の状態にたもちましょう!

Wepot では各種主要ブラウザにしっかり対応した Webサイト制作を行なっております。クオリティの高い制作をお求めの際はぜひお問い合わせください。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
さいとぅ

さいとぅ
デザイナー

さいとぅ
デザイナー

Webデザインをはじめロゴデザインやインフォグラフィックなどのグラフィックデザインも幅広く対応可能です。コンセプトを重視し、ビジュアルから想いが伝わりひろがるようなデザインを軸としています。

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。