【5つのフェーズでわかる】ホームページ制作の流れ

ディレクション
さいとぅ
さいとぅ
【5つのフェーズでわかる】ホームページ制作の流れ

ホームページ(Webサイト)がどのように制作されているかご存知でしょうか?いざ制作を依頼する前に、大まかな流れを知っていると、完成までスムーズに進めやすくなります。

本記事では、ホームページ制作の流れを5つのフェーズに分けて解説していきます。
ホームページ制作に関する基本として、全体の流れをおさえていきましょう。

フェーズ1:要件定義

要件定義では、2つのステップがあります。
ホームページ制作の流れ:要件定義

はじめに、ホームページ(Webサイト)を制作する準備として、ヒアリングを行います。このヒアリングを通して、依頼者が何を求めているのかを明確にし、依頼者と制作者の認識を合わせます。ここから、要件定義で必要とされる性能や実装すべき機能などを定義していきます。

目的を決める

ホームページはあくまでインターネット上のツールです。そのため、制作するホームページには完成後に達成したい目的が存在します。この目的の設定がとても大切です。目的が曖昧な場合、のちの情報設計やデザインが定まらず、良いホームページが完成しません。

たとえば、「企業情報をいつでも紹介できるツールとしてホームページが必要」である場合、どのような場面で使用するかを想定し、「企業の顔となるようなコーポレートサイトの制作」が見込まれます。また、「期間限定の商品やキャンペーンを広く紹介したい」場合には、それらの魅力が最大限伝わる「広告のためのランディングページ(LP)の制作」が見込まれます。

このように、解決したい課題や達成したい目的をヒアリングで明確にしていきます。

制作物を決める

ホームページはひとつではなく、複数種類があります。上記の目的を決めるステップでも触れましたが、目的が定まればおのずと何が制作物として適切かが決まってきます。
代表的なホームページの種類と特徴は次の通りです。

コーポレートサイト

コーポレートサイトは、企業の基本情報や社会的な意思表明などで構成された企業を紹介するためのサイトです。会社を代表するサイトであり、Web上での会社の顔となります。業界にもよりますが、シンプルでスッキリとした印象のあるサイトが多いです。

サービスサイト

サービスサイトは、企業が展開している商品やサービスを紹介するためのサイトです。扱っているサービスが多岐にわたる場合や、個別・特定のサービスの認知度を上げたい場合に適しています。

ランディングページ

ランディングページ(LP)は、販促に特化したサイトです。サービスや商品、キャンペーンなどの流入や申し込みを明確な目的に設定し、そのサイト内で見る人の行動が完結します。そのため、ターゲットの絞り込みや強い訴求が求められます。

採用サイト

採用サイトは、採用活動に特化したサイトです。最初に紹介したコーポレートサイトから分岐し、就職活動に必要な情報や企業のアピールなどで構成されます。比較的ターゲットは絞られますが、よりよいマッチングのための内容・構成が必要です。

メディアサイト

メディアサイトは、企業の商品やサービスに関して運用者ならではの関連情報を発信するサイトです。業界特化の情報は検索結果や認知度が上がりやすく、結果として企業の提供する商品やサービスの認知・利用にもつながります。運用時は、継続的な発信が重要となります。

ECサイト

ECサイト(Electronic Commerce:電子商取引)は、企業が提供する商品やサービスを販売するためのサイトです。場所や時間を問わず常に販売が可能となるため、注文数の拡大が見込まれます。その一方で、決済や配送、受発注・在庫の管理およびECサイト自体の認知度を上げる施策が必要です。

フェーズ2:情報設計

情報設計では、4つのステップがあります。
ホームページ制作の流れ:情報設計

要件定義の次は、情報設計です。情報設計が作り込まれていると、基礎が丈夫な家のようにしっかりとしたホームページが完成します。

コンセプトを決める

コンセプトは、制作するホームページ上で「一番伝えたいこと」を表します。そして、当初設定した目的を達成するために、何をどのような順序で伝えるかを具体的に決めていきます。

ターゲットを決める

コンセプトが決まると、次に誰に伝えるかが重要です。この段階では、ペルソナやカスタマージャーニーマップなどを用いて綿密なストーリーを構築していきます。

ペルソナ

ペルソナは、提供する商品やサービスを実際に利用すると考えられる架空のユーザー像を指します。そのユーザーの情報を詳細に設定し、よりターゲットの具体性を高めます。これを複数作成します。

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップは、ペルソナで設定した人物がどのようにしてホームページまで辿り着き、その後も利用していくかをひとつのプロセスとして表します。ひとつのペルソナに対してひとつのカスタマージャーニーマップを作成し、これをモデルケースとして扱います。

ペルソナとカスタマージャーニーマップの完成度が高まると、より明確にコンセプトへも落とし込めます。

ライティングする

制作に必要な情報がまとまったので、ここから徐々に制作物の形になっていきます。ライティングでは、ターゲットに刺さるキャッチコピーや魅力を引き出す紹介文を考え、言葉による訴求をしていきます。

このとき、依頼者がアピールしたいポイントや盛り込みたい内容を文章としていただきます。

ワイヤーフレームを引く

ワイヤーフレームは、ホームページを構成する要素やコンテンツを視覚的にレイアウトした設計図です。(ワイヤーフレームはデザインではないため、簡易的なビジュアルです。)
今までのフェーズで作り込まれてきた情報をもとに、骨組みとなるワイヤーフレームを作成し、依頼者との認識を再度合わせます。

フェーズ3:デザイン

デザインには、2つのステップがあります。
ホームページ制作の流れ:デザイン

ここからデザインが始まります。デザインでは目的やコンセプトに沿って効果的なビジュアルを生み出していきます。

トーン&マナーを整える

ホームページ全体に統一感を出すため、各要素のトーン&マナー(トンマナ)を整えます。このとき、書体や配色、あしらいなどの装飾が印象に大きく影響を与えます。また、イラストや写真素材・図表などが組み合わせると、より世界観が生まれます。

レスポンシブに対応する

スマートフォンを介してホームページを閲覧すると、パソコンとは根本的に画面の幅が異なります。そのため、複数の媒体で見てもデザインが崩れないように可変に対応したデザインも作成します。

デザイン提案後、依頼者に細部まで確認をとっていただき、状況に応じて修正をします。デザインが完成すると、次は実装です。

フェーズ4:実装

実装では、2つのステップがあります。
ホームページ制作の流れ:実 装

デザインが完了しただけではまだホームページは公開できません。誰もが閲覧できるように、実装フェーズに入ります。

サーバー・ドメインを取得する

まず、ホームページをインターネット上で表示するためには、サーバーとドメインを取得する必要があります。

サーバー

サーバーは、ホームページの置き場所です。個別の設置も可能ですが、一般的にはレンタルサーバーを借りて使用します。レンタルサーバーは複数種類あるので、依頼者と相談して決定します。

ドメイン

ドメインは、ホームページの住所です。検索やリンクからアクセスする際に、インターネット上ではそのホームページがどこにあるのかをドメインで識別します。つまり、複数の同じドメインは作れないので、社名やサービスに関する独自性の高いものを取得しましょう。

こちらのサーバーとドメインに関しては、依頼者に所有していただきます。

拡張性と保守性を考慮する

デザインを実際のホームページに変換する作業をコーディングと言います。具体的には、パソコンが読み込める言語(HTML, CSS, JavaScript, …etc)として書き込んでいきます。このとき、後からホームページ内の要素・コンテンツが追加される場合や、担当者が変わっても変更しやすいようにわかりやすく・無駄なく記述する必要があります。

依頼者は実際に目にしないフェーズですが、拡張性と保守性がきちんと考慮されたホームページは表示速度や検索順位に影響し、長く使われ続ける可能性が高まります。

フェーズ5:公開・運用

公開・運用では、2つのステップがあります。
ホームページ制作の流れ:公開・運用

ついにホームページが完成しました。しかし、まだ終わりではありません。ホームページは、完成しても完了はしない媒体です。ここから公開・運用を通じてホームページを育てていきます。

リリースを発信する

完成したホームページをリリース(公開)したのち、これを発信します。なぜなら、公開しても見てもらえなければツールとして機能しないからです。ターゲットや流入経路が作り込まれている場合、発信する場所や頻度、タイミングなどが見えてくるので、戦略的にホームページの情報を随時発信していきます。

コンテンツを更新する

公開後は、ホームページを見ている人や社会に合わせてコンテンツを更新する必要があります。アクセス解析ツールを使用して、どのコンテンツの関心度が高いのか、思い描いたような結果が出ているのかなどを確認しながら柔軟に対応していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ホームページ制作の流れを、5つのフェーズ(要件定義、情報設計、デザイン、実装、公開・運用)として紹介しました。どのフェーズも重要な役割を持っており、良いホームページ制作には欠かせません。

Wepotではそれぞれのフェーズに特化したメンバーが在籍しています。ホームページ制作に関して課題がある・依頼先を探している場合は、ぜひ一度ご相談ください。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
さいとぅ

さいとぅ
デザイナー

さいとぅ
デザイナー

Webデザインをはじめロゴデザインやインフォグラフィックなどのグラフィックデザインも幅広く対応可能です。コンセプトを重視し、ビジュアルから想いが伝わりひろがるようなデザインを軸としています。

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。