コーディング作業を快適に行うためのツール9選

コーディング
まるこ
まるこ

どんな仕事においても「作業の効率をあげる」というのは、重要なテーマかと思います。
効率をあげるには、自身の知識や技術力を高めるだけでなく、作業に役立つツールを上手に使いこなすことも必要ではないでしょうか。

Webサイト制作のコーディングも、制作工程の終盤に行う作業のため、時間の猶予はほとんどありません。そのため、常により良い作業方法を模索し、使えるものはなんでも使い、作業の効率化を図る必要があります。

本記事では、デザインデータの受け取りから、ソースコードを書き終えるまでの作業で、筆者が使用しているツールをご紹介します。

デザインデータ関連

Zeplin

Zeplin公式ページ
Zeplin

Zeplinは、PhotoshopやAdobeXDなどで作成されたデザインデータを、コーダーに共有できるツールです。Mac/Windowsどちらでも使用できます。コーディング作業に役立つ機能には、次のようなものがあります。

  • 各パーツの大きさ・カラー・余白・フォントなどの情報取得が瞬時に行える
  • テキストをワンクリックでコピーできる
  • 画像の書き出しができる
  • CSSが自動的に生成される

PerfectPixel

PerfectPixel公式ページ
PerfectPixel

コーディングでは、デザインデータをより高い精度で再現する必要があります。

デザインの再現度を確認する際に便利なツールが、ブラウザ(Chrome/Safari/Microsoft Edge/Opera)の拡張機能である【PerfectPixel】です。
PerfectPixelを使ってブラウザ上でデザインデータとコーディングデータを重ねて比較することで、各パーツのサイズや配置のズレを確認できます。

コーディング関連

テキストエディター

Visual Studio Code公式ページ
Visual Studio Code

テキストエディターはソースコードを記述するために使用するとても重要なツールです。コード記述のスピードは、エディターの機能に左右される点も多くあります。

筆者が使用しているのは、【Visual Studio Code】というMicrosoft社が開発しているエディターです。拡張機能や使用できる言語の豊富さなど、機能が充実しており、多くのエンジニアが利用しています。

Visual Studio Code以外にも、テキストエディターは多数あります。

DevTools(開発者ツール)

Chromeに搭載されているDevToolsの例
Chrome搭載のDevTools

【DevTools(開発者ツール)】は、ブラウザに搭載されているデバッグツールです。ブラウザ上で各要素の表示・動作・エラーなどの確認や検証ができる、Web開発にかかせないツールです。

Google Chromeの他、Microsoft Edge、Safariなどの主要ブラウザにも搭載されています。

Chrome DevToolsドキュメント:https://developer.chrome.com/docs/devtools/

HTML5 入れ子チートシート

HTML5入れ子チートシート公式ページ
HTML5 入れ子チートシート

HTML文書は、要素の中に要素を内包しながら階層構造を築いています。この構造を「入れ子構造」と呼びます。各要素ごとに内包できる要素は決まっており、正しい入れ子構造を形成しながらコーディングを行います。

すべての要素の内包関係を覚えていれば特に問題ありませんが、現実的になかなか難しいものです。そんなときに役立つのが【HTML5入れ子チートシート】です。

HTML5入れ子チートシートは、各要素が内包できる要素をワンクリックで確認できるため、「〇〇は△△の子要素にできたかな?」と疑問に思った時などに重宝します。

Can I Use

Can I Use公式ページ
Can I Use

Webサイトを閲覧するブラウザには、Google Chrome・Microsoft Edge・Safari・Firefoxなど複数あります。HTML/CSSコーディングの際には、ブラウザでタグやプロパティが対応しているのか把握しなければなりません。

例えば、CSSでデザインを再現する際に使用したいプロパティがあっても、一部のブラウザでしか対応していない場合、別の方法を検討する必要があります。

このように、各ブラウザでのタグやプロパティの対応状況を確認したいときに便利なのが、【Can I Use】です。タグまたはプロパティを入力するだけで、ブラウザの対応状況を一覧で確認することがます。

Table Tag Generator

Table Tag Generatorページ
Table Tag Generator

表(料金表など)を作成する際に便利なのが、【Table Tag Generator】です。

コーディングで思い通りの表を作成するのは、意外と手間がかかります。しかしTable Tag Generatorを使えば、作成したい表の「行」「列」「セル結合」などを指定するだけで、簡単にHTMLが生成されます。テキストの挿入、CSSのスタイル設定も可能で、表作成にかかるコーディング時間を大幅に短縮できます。

CSSジェネレーター

表作成以外にも、三角形・ボタンなどのパーツや、グラデーションをCSSで再現したいときに便利な、CSSジェネレーターがあります。再現したいデザインにあったツール上で、必要な情報を入力すると、CSSコードが生成できます。

Awesome Screenshot

Awesome Screenshot 拡張機能設定ページ
Awesome Screenshot

【Awesome Screenshot】は、画面のキャプチャまたはレコーディングができるChromeの拡張機能です。

画像/録画の保存範囲

  • キャプチャ:Webページ全体/表示部分/範囲選択した部分
  • レコーディング:デスクトップ/現在のタブ/ウェブカメラ

筆者自身は、コーディング内容をデザイナーなどに確認する際に、キャプチャ機能を使用しています。他のツールを使用しなくても、キャプチャに注釈をつるなどの編集ができるため、作業がスムーズに行なえます。

favicon generator

favicon generator

【favicon generator】は、Webサイトのシンボルマークとして設定するアイコンであるファビコンを生成するツールです。ファビコンを作成したい元画像を読み込むだけで、複数サイズの画像が生成されます。

※ファビコンは、タブやブックマーク、スマートフォンでWebページのショートカットをホーム画面上に置いたときに表示される小さな画像です。

まとめ

今回は、筆者がコーディングの際に使用しているツールをご紹介しました。

ご紹介したツール以外にも、たくさんの便利なツールがあります。今後も作業効率をあげるために、いろいろなツールを試していこうと思っています。

Wepotは、ディレクション、デザイン、イラスト、動画編集、コーディングなど、幅広い分野を担えるメンバーで構成されており、お客様の目的に則した制作物のご提供が可能です。
Webサイトの制作等を検討している・相談してみたいなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご依頼・ご相談はこちら

お客様の課題解決に最適なメンバーアサインでスムーズなプロジェクト進行をいたします。制作して終わりではなく、お客様が求める成果に結びつくご提案をさせていただきます。

この記事がシェアできます

この記事を書いた人
まるこ

まるこ
コーダー

まるこ
コーダー

想いの詰まったWebデザインを“カタチ”にするコーダーとして、Webサイト制作の一端を担っています。「誰が見てもわかるコード」を念頭に置き、品質・保守性を重視して制作しています。趣味はサッカー観戦。好きな色はトリコロール!

  • Wepotについて

    アイコン

    Wepotはデジタルクリエイティブで課題を抱えるすべての人への解決策を提示できます。

  • 実績一覧

    アイコン

    Wepotには多種多様な実績があります。メンバーの強みが生きた実績をご覧ください。

  • 制作のご相談

    アイコン

    現在の課題やお悩みをお聞かせください。あなただけのクリエイティブチームを編成し解決へと導きます。